スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の方針

どうも御無沙汰しておりました。
今月は作業としてやることがあまりないのでかなりさぼってしまいました。
けれどおかげさまでだいぶ今後の方針は決まってきました。

まず1月が過ぎたら早速トマト、キャベツ、レタスの種蒔きをしていきます。
また今現在近所の畜産を営む方から牛糞を撒いてもらっていますが、
これと並行して来月からは木材のチップを撒いていきます。
こうすることで畑の土が早く柔らかくなるようにしていきます。

さらに3月になったらば少し規模の大きい工事をやっていきます。
というのはあまりにも排水が悪い畑の中に排水管を埋めていくのです。
こうすることで作物にとっては有害となってしまう過剰水分を抜いていきます。
またここから蒔く種も増え、ニンジン、カボチャ、キュウリ、スイカ、トウモロコシと植えていきます。
今度は上手に作っていきたいですね、何かリクエストがあれば言って下さい。

いよいよ春の気配が近づいてきた気がします。
早く忙しくなりたいです。
スポンサーサイト

洗車

どうも今月はあまりやることがないので洗車しちゃいました。
ホースとブラシで簡単にやっていっただけですが。
今年も頼んだよ>トラクター&軽トラ
KC3G0010.jpg
KC3G0011.jpg

夢の中へ

遅ればせながらあけましておめでとうございます。
昨日までは横浜でした。なかなか忙しい年末年始でした。
日常でも早くそうなればいいんですがね…(笑)

私が最も良く見させてもらっているHPにこんな文章がupされてました。

---以下引用---

農家の数だけあると言われるほど多様な農法でも、極少数の例外を除き、有名無名に関わらず過去の農法は、ほぼ全てが“おかげ農法”と言ってよいでしょう。

先ずは、肥料のおかげ、農薬のおかげの慣行施肥農法。次は、肥料や農薬を天然資材などに置き換えただけの、微生物のおかげ、酵素のおかげ、ミネラルのおかげ、漢方薬のおかげ、○○物質のおかげ、果ては感謝のおかげ・・・、とおかげには際限がありません。

特に、特定製品名の付いたものは、単なる○○製品使用マニュアル。特定資材使用(微生物、ミネラルなど)に限定されるものも、汎用性がなく○○資材使用マニュアルと言うべきもの。何れも農法と言えるほどのものではありません。

  ・
  ・
  ・

非常に耳が痛いですね。
さしずめ昨年の私で言えばEM菌のおかげ、緑肥のおかげ、米糠のおかげと言ったところでしょうか。
もっともこちとらまだ何も作れてないのでそれ以前の話でしょうが…。
文章はさらに続きます

---以下再び引用---

唄の文句じゃないけれど「捜し物は何ですか 見つけ難い物ですか」。あれも、これもとマニュアルを抱え込み。あれでもない、これでもないと農法行脚。挙げ句の果ては農法難民?。

本来のもの(本物)は“おかげ”ではありません。自然の持てる力を効率よく働かせれば当然、自然状態より高品質で生産性が上がり、人畜がより元気になる“当然農法”です。

  ・
  ・
  ・

いやー、見つけにくいですねー。
正直農法難民寸前ですわ(笑)
うまくいっていない時ほどこうなりがちですね、気をつけます。
締めはこんな感じで纏まっていました。

---以下再び引用---

自然農法と言えども、市販の製品を含め各種資材を否定するものではありません。基本を良く理解し、自然の力が効率よく働かない部分を補うために使うなら、それなりに有効です。ただ、そのような資材は多くはありません。

寧ろ、作物側に重点を置き補うためや防疫のためではなく、食べる側に焦点を合わせ、より高品質の作物を作るために、プロ中のプロがミネラルなどを使うのが良いと思います。尤も、現段階(2010年)では、そのレベルに達している自然農法実践者が居るとは思えません。慌てることはありません。それは、夢の中へ行ってからで良いでしょう^-^。

  ・
  ・
  ・

そんなわけで夢の中へ行ってきます!
まあそれは置いておいて確かに慌てても仕方がないですね。
例の近所のKさんからも度々言われております。

まずは昨年に引き続き作物が生育できる土を作っていくこと、
そのために多くの微生物に住みついてもらうこと、
このあたりをきちんと意識して進めていきたいと思います。
今年もよろしくお願いします。
プロフィール

手抜きのーか

Author:手抜きのーか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。